スポンサーサイト

Posted by me~ro on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベースを耳コピしやすくしてみた

Posted by me~ro on 12.2012 エフェクト 7 comments 0 trackback
ベースの方、今度はアカツキアライヴァルって曲を耳コピし始めました。
結構最近のボカロ曲です。


よく見たらこれのヘベース弾いてるのH.J.Freaksじゃないか・・・
ちょっと難しそうだけどこれはやるしかない!ってことで
コピーしようと思ったけど所々聞き取りづらいところが・・・
この前勉強したイコライザーの知識でなんかできないかなーってことでやってみた!

こんな感じになりました↓

[VOON] アカツキアライヴァル ベース出し2
全体的な音量がだいぶ下がってしまった・・・
音量上げるとベースの部分だけ音が大きくなってくる・・・気がする。
ただちょっと耳に来るので聞き取れないないとこだけ活用したいと思います。

以下やったことメモ↓アカツキアライヴァル ベースを目立たせる

①100~200Hzが低音のアタックを決めるということだったので、ある程度ピンポイントで上げてみる。

②右端をばっさり削ってして高音域カット。

③そうすると全体的に音がこもって逆にベースと被るので倍音部分(13k以上のとこ)を持上げる。

④あとは低音部分を少し持上げてさらに目立たせる。


↑でできたのを一回オーディオ形式で吐き出してもう一回読み込んで・・・
アカツキアライヴァル ベース出し 2重イコライザ

ちょっと聞きやすくなるようにさらに両端持上げてみました。

うーむwこんなんでよかったのか?

なんかもっとうまい方法ないかなぁ
スポンサーサイト

イコライザー勉強ノートその1

Posted by me~ro on 11.2012 エフェクト 8 comments 0 trackback
うおおおお。
はやく記事を流したい一心で今これを書いてます。
1日たって昨日録音したやつ聞いたら音程気持ち悪すぎワロタみたいな感じでした。
何回か聞いてると耳が慣れちゃって外れてるように聞こえないんだけど、
ちょっと時間おいて聞いてみたらもうね・・・
今度はその辺注意しながら録音したいな。
コメントでもよく見たら音程のことにはノータッチじゃまいか・・・

まあ原因は俺のビブラートかけるときのへんなクセなんだろうと思う。
ちゃんと音の立ち上がりまで指とめとかないとな。
っていうか、この変なクセも録音してみてはじめて気がついたw
やっぱ録音て大事ですね~

ということでネットで学んだイコライザーに関する知識の基礎の基礎の基礎の・・・断片orz

参考URL→レコーディングエンジニア講座-EQの極意-
ニコラップWIKI-ミックスしたい人用-

イコライザー(EQ)

イコライザーの基本的な役割は邪魔な周波数をカットし、埋もれてるいい倍音を引き出す作業。
グラフ的には元は


↑のように一直線になっているのでそれを下の方にある図のようにうにょうにょと動かす。

・邪魔な周波数をカット
音のゴミをとるような作業。部屋のゴミをとっても意味はない。
生の音にはゴミがイッパイなのでそれをみつけなければならない。
グラフを細く尖った山なりにしてその山を左から右へと少しずつずらしていくとモコモコしたりする場所がある。それが音のゴミ。それを見つけたらその帯域をカットしていく。
カットの仕方は真ん中の線より下に山をもって行けばいい。
このカット作業を中心に行えばあとは全体的に音量が下がるのであとはボリュームを上げれば、音量が大きくなっても邪魔にならない音になる。

倍音を引き出す
倍音が豊かだととても艶のある響きになる。
周波数的には13KHz以上の帯域。グラフの下に5kとか20kとか書いてあるはず。
注意しなきゃいけないのは10KHzを持ち上げるととても派手に、200Hzを持ち上げると音がとても太くなるが、とても聞き苦しい音になる。とてもイタい子。
バスドラやベースの低音は40Hz~100Hzを意識してよくして行くらしいが、音が埋もれてどうしようもない場合は、アタック部分(音の立ち上がり)を決定付ける5k~7Kあたりを持ち上げるといいらしい。
まあ7キロのダンベルなんてね、小指一本でちょちょい!だよね。

↓俺が使ってるCUBASE無料版のエフェクター画面。↓
イコライザー画面 サンプル

グラフ縦軸がdB上下で周波数を増減させる
グラフ横軸はHz(ヘルツ)音の高さ(音程とか)を決めるもの。Kはキロ。1K=1000。


一番下の4つちっちゃいメーターてきなやつの説明
"Low Shelf"ってかいてあんのが上のグラフの"1"
"ParametricⅠ"ってのが左から"2""3"
"High Shelf Ⅰ"ってのが上の"4"

<役割>

1:低音域をうにょうにょ(和訳:指定した位置より低い音域を持ち上げたり、カットしたり。)

2,3:真ん中の一定の場所周辺をうにょうにょ(和訳:指定した位置周辺を持ち上げたり、カットしたり。)

4:高音域をうにょうにょ(和訳:指定した位置より高い音域を持ち上げたり、カットしたり。)

※動かし方は図の上の説明を山椒。
以上!

ふう、まとめんの大変だった。
でも苦労した分頭に入るね。
こういう形ならあとで自分で見られるし。

今日、注文した本のうち1冊が届きました!
開くのが楽しみ。
中古で単価70円送料250円
おい、送料の方が高いじゃないか。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。